2019 夏 施餓鬼会

仏に会うならいまのうち 死んでからでは遅すぎる

恒例のお施餓鬼ボランティア募集します

【募集要項】
日時 :8/8(木)夕刻~11(日)朝 3泊4日(部分参加も可)
    施餓鬼は8/10(土)夕刻より 作業終了はPM10時頃 終わり次第帰宅も可

場所 :福井県勝山市元町2丁目 国泰寺
(電車)えちぜん鉄道勝山線「勝山駅」下車 徒歩15分
(車)高速北陸道「福井北IC」から中部縦貫自動車道を経由23キロ

募集人数 :若干名(団体さまはお受けしておりません)18歳以上(高校生不可)
      仏教行事に興味ありお手伝いいただける方
食事   :なし(自炊可) ※8/9昼食はカレー 8/10夕食は弁当が提供されます
               朝食お味噌汁の具材は冷蔵庫に準備しておきます 

作業内容 :施餓鬼会の準備と後始末(本堂の幕張、施餓鬼壇組立、祭壇の飾付、掃除、給仕など) 作業は一日数時間 他の時間は観光可能です

参加することのメリット

いま生きている かけがえのないわたし
ひととして生きること ありのままのありがたさ
あたりまえのことに気がつきます ありがたいご縁だとわかります

お施餓鬼とは

ご先祖に供養し餓鬼さんにも施しをする
やさしい行事です 長い伝統があります

【メッセージ】
施餓鬼会とは阿難が釈迦から伝えられた救苦の法を、三界の万霊にほどこす『瑜伽集要焔口施食儀』を読経する法要です。壇上の僧が、手に印を結び・口に真言を唱え・心に本尊の姿を思い描き、地獄の門を開いて餓鬼を済度する儀礼が、僧衆の梵唄に乗せて執り行われます。顕経・密教の要素を兼ね備えています。

当禅寺は『般若心経』や『観音経』を読み、施餓鬼会を行い、坐禅を組むという、仏教の諸要素を含んでいます。法要を準備する作業のほかに、夜の短い坐禅や『般若心経』『瑜伽集要焔口施食儀』等の経本を見ながらの解説も行います。施餓鬼会の準備をし、法縁を感じながら、仏の教えに接する機会となれば幸いです。


 

連絡先】  hygbq720@yahoo.co.jp

 


*昨年のボランティアさんの写真です。